フェラーリ・カリフォルニアTハンドリング・スペチアーレ

公開 : 2016.07.13 05:50  更新 : 2017.05.29 18:52

フェラーリ・カリフォルニアTハンドリング・スペチアーレは、標準のカリフォルニアTとの価格差を安いと感じさせるイチオシのモデルである。

■どんなクルマ?

今年初頭から販売がはじまったハンドリング・スペチアーレは、カリフォルニアTのカスタマーのうち20%が、すでに興味を示しているとのこと。

標準のカリフォルニアTに比べると磁気粘性ダンパーの調整のおかげでフロント・サスが16%、リアが20%硬くなり、F1-トラック・スタビリティ・コントロールもよりアグレッシブな運転を見据えて見直された。

エグゾースト・ノートはより大きく、フロント・グリルも専用の仕立てとなり、リアのディフューザーとともにスポーティネスを強調している。

標準のカリフォルニアTとの価格差は£5,568(77万円)。むろんハンドリング・スペチアーレの方が高い。

関連テーマ

 
最新試乗記