DS 3パフォーマンス・カブリオ

公開 : 2016.08.19 05:40  更新 : 2021.01.30 22:10

情報だけで判断すると、成功のための素材はすべて揃っていそうだが、できあがった製品は妥協が多すぎ、ライバルを苦戦させるだろうとは思えない。

■どんなクルマ?

パリジャンっぽさに、ホットハッチらしさを……と聞けば、なかなかよさそうな気もする。特にわれわれ英国人はコンバーチブルが好きだし、ホットハッチも大好きだ。ならば売れるだろう! たぶん……。

少なくとも第一印象はポジティブ。1.6ℓ4気筒THPエンジンが208psを生み出し、6速マニュアルを組みあわせるうえ、スポーツ・サスペンションのおかげで車高が15mm下げられていると聞けば誰だってそうだろう。

それだけではない。フロントは26mm、リアが14mmトレッドが拡大された。ブレーキ・ディスクは323mmのブレンボ製だし、ホイールだって18インチのものを履いている。これはよさそうではないか。

カブリオレであるからスタンダードなモデルに比べると25kg重くなっているが、それよりも25kg増に抑えたことをここでは評価すべきだろう。トルクは30.6kg-mを発揮。トルセンLSDもついていると聞けば、かなり期待できそうだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×