フィアット124スパイダー

公開 : 2016.10.26 05:50  更新 : 2017.05.29 18:51

■乗り心地とハンドリング

“急な操舵を試みると、ボディのゆるさが気になる” ― ニック・カケット(ロードテスター)

どうしてもベースを共有するMX-5と比べることになるが、124スパイダーはMX-5と比べるとソフト。「大人っぽい」とも感じる。

あまりストイックな走りをしたくないが、後輪駆動であることを理由にMX-5を選んだ人にとっては、124スパイダーの「気楽さ」が受けるだろう。

その代わりに、英国のような凹凸の多い路面だと、MX-5がキュッと衝撃を抑えていたところでも、長周期のボディの浮き沈みが看守される。

結果的に車体がヘビーだと錯覚することがある。

また、ステアリングとスカットルを介して、微振動が伝わることも少なからずある。フィアットとしては、もう少しリラックスしたクルマが作りたかったという意図だったのだろうが、「生彩」という面では、明確にMX-5に負けている。

ボディの動きも極めてソフト。ドリフトを試みるほど、MX-5が恋しくなるのであった。

■経済性とランニング・コスト

“MX-5にトップ・グレードと比べると、124「ルッソ・プラス」の方が価値は残りやすいが、あまり多くを期待すべきではない” ― ニック・カケット(ロードテスター)

フィアットとしては珍しいことだが、124のエントリー価格は、多くのライバルに比べるとやや高い。

ベーシックなMX-5は£18,495(236万円)だが、124スパイダーの「クラシカ」と呼ばれるグレードは£19,545(249万円)となるのだ。

£500(6万円)を支払いさえすれば、DABラジオや7.0インチのマルチメディア・スクリーンを追加できるため、お得だということもできるが、それでも17インチのホイールやナビ、シート・ヒーター、オート・エアコンはミドル・グレードにしかつかないため、やや貧相な装備内容といえるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事