スマート・フォーツー・エレクトリック・ドライブ

公開 : 2016.11.22 05:40  更新 : 2017.05.29 18:43

小さなサイズと、運転のしやすさゆえ、シティ・ユースにおいて欠点を見つけづらい。しかし長距離は向かない。‘生活密着型’ である点が、元来のスマートの存在価値だったのではなかったのだろうか?

■どんなクルマ?

都市部で短距離通勤するエコ・コンシャスなひとにとって、スマート・フォーツー・エレクトリック・ドライブは魅力的なクルマといえるだろう。

先代と比べて、室内が広くなっているのも特長といえる。ルノーによって開発されたモーターと高効率なバッテリーのおかげで、充電頻度が減ったのもよい。

英国へ輸入されるのは2017年の半ばを予定しており、先代同様にハード・トップとカブリオレの2種類から選べるようである。

フォーツーよりひと回り大きいフォーフォー・エレクトリック・ドライブも加わる予定だ。

コンベンショナルなスマート同様、あまたの選択肢の中からお気に入りのカラーを組みあわせることが可能で、‘グリーン・フラッシュ’ と呼ばれる、エレクトリック・ドライブ専用のパッケージも用意される。

ルノーのクレオン工場で生産される新型の電気モーターは81psと16.3kg-mを生みだす。3位相の同期モーターであるこれは、先代のユニットと比べると5psと3.0kg-mの増強を果たしている。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事