メルセデス・ベンツE350dオール・テレイン

公開 : 2016.12.13 05:40  更新 : 2017.05.13 12:49

高価だがクオリティが高い。快適で、中も広く、実用性も高い。つまり、求めるすべてをそろえているということになる。

■どんなクルマ?

メルセデス・ベンツ・オール・テレインは、単にマイナーなグレードではなく、アウディA6オールロード・クワトロやボルボV90クロス・カントリーが活躍する枠で勝負するために生まれてきた。

E350dオール・テレインの発売開始は2017年中盤を予定しており、‘エア・ボディ・コントロール’ サスペンションと19インチのホイールを組みあわせることで、ベース車であるE350dより29mm車高が高まり、SUVにも負けぬ魅力を持ち合わせている。

E350dオール・テレインの外観上の特徴が、前後のバンパーやクローム地のキック・プレート、フェンダー・アーチモール、ルーフ・レールに集約されることは言うまでもなく、もう少し細かく見ていくとテールパイプがバンパーと一体化していることにも気づく。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事