ルノー・トゥインゴGT

公開 : 2016.12.22 05:30  更新 : 2017.05.29 19:22

ルノー・スポールが手を加えたシティカーは、本格的なホットハッチとはいかないにせよ、十分に楽しめると感じた。

■どんなクルマ?

先日、はじめてルノー・トゥインゴをテストした際、その名前から期待するほどの結果が得られなかったことを覚えている向きも多いだろう。

理由は、ルノー・スポールが徹底的に手を加えた、というわけではないから。

エンジンは898ccの3気筒で、最高出力は111psを発揮する。

サスペンションは基準車より40%引き締められており、アンチ・ロールバーが太くなったうえ、車高が20mm下がっている。

以前のテスト場所はフランスのなめらかな道であったが、今回は荒れた英国の道。サスペンションのリビジョンが、どの程度うまくいっているかを確かめたい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事