レクサス、LS500の「Fスポーツ」をNYモーターショーで発表予定

公開 : 2017.04.05 13:00  更新 : 2017.06.01 00:25

レクサスは、4月12日〜23日に開催されるニューヨーク・モーターショーで、LS500の「Fスポーツ」を出展します。たった1枚の画像しか公開されておらず、くわしいことは不明ですが、まずはLSがどう変わったかをおさらいしましょう。

モデル・チェンジしたLSって、どんなクルマ?

低く構えたスタイリングを実現したのは、新開発GA-Lプラットフォームによるところが大きい。

これまでの4ドア・セダンとは異なるクーペ・シルエットを創りだすため、フロントからリアまで抜ける基本立体から、フェンダーがダイナミックに突き出す構成としている。

全長は5235mm、全幅は1900mm、全高は1450mm、ホイールベースは3125mm。ホイールは19インチと20インチから選ぶことができる。(欧州仕様)

車両への追突、対歩行者、走路逸脱、交差点(出会い頭衝突)という、深刻な事故につながる4つの事故形態をカバーする予防安全パッケージにも抜かりはない。


 

人気記事