フォルクスワーゲンT-Roc 発売前に試乗 「実直」な企業イメージから脱却できるか

公開 : 2017.04.20 16:06  更新 : 2017.05.29 18:56

フォルクスワーゲンは、あらたなSUV「T-Roc」を投入することで、これまでにないイメージを顧客にもたらすことはできるでしょうか。プロトタイプの試乗記です。

■どんなクルマ?

例えば、ここで、2人の友人が、他愛もない会話をしていると仮定しよう。「フォルクスワーゲンT-Rocは、ゴルフのSUV、それともデュアリスといったとこかな」

フォルクスワーゲンはどちらの喩えも歓迎しないだろう。なぜなら、このクルマに独自の個性を持たせたいと考えているからだ。

T-Rocは、ファミリーSUVというカテゴリーに遅れてやって来た新参者。だからこそフォルクスワーゲンは、このクルマに際立つ個性を与えたいのだ。

どのくらい遅れて来たのかというと、このモデルのベースとなったのは、あまり例のないコンバーチブルのSUVという形態のT-Rocコンセプトカー。発表は2014年まで遡る。

T-Rocは、「感情」を押し出したフォルクスワーゲンの新しい潮流を先導する役目を担い、同社のほかのモデルよりも、少し感情面に訴えかけることになる。なんと、ツートーン・ペイントの噂もあるくらいだ。

Tは、兄貴分のティグアンやトゥアレグとの関連性を、Rocは、Rockから派生した言葉だという。

その意味は、フォルクスワーゲンによると、「ひとつにはこのクルマのオフロードのキャラクターに関連し、一方でパワフルでアバンギャルドなクロスオーバーのデザインを反映しています」ということになる。

 
最新試乗記