ロータス・エリーゼ「スプリント」、41kgの軽量化でフェイズ1とほぼ同じ重さに! 初試乗

公開 : 2017.05.02 12:15  更新 : 2017.05.29 19:24

フェイズ1と同程度の車重に

ショート・ストロークのオープン・ゲート式のシフトレバーを採用することで1kgの軽量化に貢献し、オプションで装着できるカーボンファイバー製のサイド・シル・カバーは、900gの軽量化を果たした。

新導入のメーター類は認識し易く、エリーゼの史上初となる、ブルートゥースに対応するインフォテイメント・システムが装備されているのも重要だ。

今回の変更で最も注目すべき点は、1974年のエランに使用されて以来、ロータスの標準モデルには不在であった名称の復活である。

標準のエリーゼは、エリーゼ・スポーツと呼ばれ、これまで同じ1.6ℓ、または1.8ℓのスーパーチャージャー・エンジンを搭載する。

そして、追加されたこちらの「スプリント」バージョンは、さらに軽量化を図り、合計で26kgの軽量化を図っている。

重さに関して、1.6ℓのエリーゼ・スプリントのメーカー公表値は、798kgであるが、これは、スズキの小型SUVのイグニスに次いで、量産モデルにおける2番目に軽量なモデルとなる。

この軽量化を実現するために、ロータスが導入したのは以下である。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ロータスの人気画像