ロータス・エリーゼ「スプリント」、41kgの軽量化でフェイズ1とほぼ同じ重さに! 初試乗

公開 : 2017.05.02 12:15  更新 : 2017.05.29 19:24

伝統的なロータスそのもの

エリーゼ・スプリントは、喜びそのものである。エンジンのサウンドは濃密で、シフト・チェンジは、恐らくロータスの中では、オリジナル・エラン以来で最も優れたものである。

味つけは伝統的なロータスそのもので、流れるような乗り味を持ち、つづら折りのカーブで有名なヘゼル・サーキットでは、クルマの方向を変えるたびに積極的についてくる。

しかし、サーキットでそれなりのスピードで走らせると、安心感は少し低下する。ミドに搭載されるエンジンとLSDの不在のこのクルマをドリフト・マシンとは言い難いと思うのだ。

ロータスがスプリントに175のフロント・タイヤを与えたことを嬉しく思っている一方で、800kgの重量に134psのエンジンを搭載し、トラクションの問題が不在ならば、リア・タイヤの幅は225ではなく、205でもよかっただろうと思う。

パワーとウエイトを考えると、205で十分だと思うしし、軽量化の作用もある。

サーキットでその性能をフルに引き出す走りをしたい向きには、エリーゼ・カップが用意されているというのもある。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ロータスの人気画像