ロータス・エリーゼ「スプリント」、41kgの軽量化でフェイズ1とほぼ同じ重さに! 初試乗

公開 : 2017.05.02 12:15  更新 : 2017.05.29 19:24

パーツ、どう変わった?

・鍛造アルミホイール(5kg軽量)
・カーボンファイバー製のロール・ケージ
・カーボンファイバー製のエンジン・カバー
・ポリカーボネート製のリア窓(6kg軽量)
・カーボンファイバー製のシート(6kg軽量)
・リチウムイオン・バッテリー(9kg軽量)

ロータスによると、このエリーゼは、フェイズ1と(規制、保安基準、顧客の要請を加味したうえで)同じ重量であるという。

つまり、発表以来、追加されてきたもの取り外すことで、元の重量とほぼ同じになるということである。

ドアの開口部は少し広がり、カーボンファイバー製の薄いサイド・シルを装着した場合は、乗降口の敷居も低くなる。新しい時計を気にいる人もいるだろう。

■どんな感じ?

まずはサーキットから

時間が制約されていた関係で、まずこのクルマをサーキットへ持ち込んだ。

今回の軽量化によって達成された、パワー・ウエイト・レシオの改善と同じだけの効果を求めたなら、10psの出力の上乗せが必要である。134psを有するクルマにとっては大きな違いである。

出力の向上は、コーナリング・スピードを上げるわけではないし、軽快さや操る楽しみを大幅に削いでしまうが、一方で軽量化は全てにおいて効果的である。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ロータスの人気画像