プリミティブなスモール・スポーツ3台

公開 : 2017.06.03 11:10

トップ・スピードも、0-100km/h加速も大した数字ではないが、乗っていて楽しいプリミティブなスポーツカーが1950年代から1960年代にかけて多く作られました。その中から、今回はこの3台を選んで、それぞれの魅力を確かめましょう。

50年代末から60年代にかけて、BMCとフィアット、トヨタがそれぞれ異なるアプローチで1ℓ未満のスポーツカーを開発した。オースチン・ヒーレー・スプライト、フィアット850スパイダー、トヨタ・スポーツ800のどれがベストか? ジャームズ・ページがレポートする。


小さなスポーツカーには、大きく重たいクルマが失いがちな純粋さがある。信号グランプリでは勝てないかもしれないが、ツイスティな道で80km/hも出せば、大きなクルマでその2倍近い速度で走るよりエキサイティングだ。ここに揃った3台のうち、オースチンヒーレー・スプライトとフィアット850スポーツ・スパイダーは質素な量産車からコンポーネンツを流用して生まれたスポーツカー。もう1台のトヨタ・スポーツ800はもう少し革新派だが、いずれも「レス・イズ・モア」を実証してくれる存在である。


オースチン・ヒーレー・スプライトMk-I

全長×全幅×全高 3480×1346×1200mm
ホイールベース 2032mm
乾燥重量 664kgkg
エンジン 直列4気筒OHV 948cc
最高出力 45ps/5200rpm
最大トルク 7.2kg-m/3300rpm
ギアボックス 4速マニュアル
サスペンション ダブル・ウィッシュボーン/半楕円リーフ
ブレーキ 4輪ドラム
タイヤ 5.20-13
最高速度 133km/h


トヨタ・スポーツ800

全長×全幅×全高 3580×1465×1175mm
ホイールベース 2000mm
乾燥重量 580kg
エンジン 空冷水平対向2気筒OHV 790cc
最高出力 45ps/5400rpm
最大トルク 6.8kg-m/3800rpm
ギアボックス 4速マニュアル
サスペンション ダブル・ウィッシュボーン/半楕円リーフ
ブレーキ 4輪ドラム
タイヤ 6.00-12
最高速度 155km/h


フィアット850スポーツ・スパイダー

全長×全幅×全高 3782×1500×1219mm
ホイールベース 2027mm
乾燥重量 735kg
エンジン 直列4気筒OHV 903cc
最高出力 52ps/6500rpm
最大トルク 6.6kg-m/4000rpm
ギアボックス 4速マニュアル
サスペンション 4輪独立
ブレーキ ディスク/ドラム
タイヤ 150-13
最高速度 146km/h


関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記