プジョー308GTi試乗 マイナーチェンジでも印象「変化なし」 不満といい面が同居

公開 : 2017.07.10 11:40

マイナーチェンジしたばかりのプジョー308GTi。機械的な変化がなかったため、いい面はそのままなのですが、反面、わるい部分もそのまま。これが全体の評価の足を引っ張っています。

■どんなクルマ?

マイチェンしたが、変更なし

モデルライフ中盤のプジョー308が、マイナーチェンジを実施すべき時期を迎えた。

もちろん、それはホットモデルのGTiも同じで、エクステリアでは新造型のボンネットやグリル、ランプ類のレンズ、インテリアでは反応が改善したインフォテインメントシステムのディスプレイが採用されている。

レギュラーモデルとは異なり、GTiはエンジンをはじめとするメカニズムに変更が加えられなかった。

つまり、「RCZ R」由来の1.6ℓターボは270psのままでキャリーオーバーされる。トランスミッションは6段MTで、トルセンLSDを介して前輪を駆動するのも同様だ。

標準仕様に対して11mmダウンした車高や、増大したネガティブキャンバー、ミシュラン・パイロット・スーパースポーツもそのまま。

フロントブレーキは380mmのディスクを持つアルコン製で、キャリパーにはプジョースポールのロゴが入る。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事