AUTOCAR英国編集部が選ぶ「いま買えるクルマ トップ50」 2017年版 30〜6位

公開 : 2017.07.16 06:10

15位:メルセデス・ベンツEクラス・ステーションワゴン


35位のスコダ・スパーブのところで触れたように、今や最も広いワゴンではなくなったEクラスだが、それでも荷室は広大だ。

実用性に加え、乗り心地のよさや洗練度の高さもふくめれば、今買える最も魅力的なワゴンであることに疑問の余地はない。

14位:フォードフィエスタST


フィエスタSTより手頃な価格のホットハッチが存在したのは、いったいいつのことだっただろうか。もちろん、今でもこれと同程度のモデルはない。近く登場する3気筒版は、さらに軽くなり、今以上に楽しいモデルになるだろうことは疑いようがない。

13位:BMW i8


スポーツカーの設計における革命的なカーボン・シャシーに、ミニと同じ3気筒と、電気モーターを搭載。そこから想像できるとおり、走りは滑らかで洗練されている。もし、これがスポーツカーの未来像であれば、期待値は大きい。

12位:メルセデス・ベンツSクラス


古さを感じさせ始めたSクラスだが、大幅に進歩した新型7シリーズでさえ、その牙城を崩すには至らない。はたして、アウディが送り込む刺客、新型A8はSクラスを脅かす存在になれるのか、われわれの関心はそこにある。

11位:ポルシェパナメーラ・ディーゼルS


ディーゼル車で、10秒以内に160km/hを突破できるか。可能だと言われても、われわれは自分たちでそれを証明していなかったら、とても信じられなかっただろう。ポルシェ初の高級車は、テクノロジー満載のGTという点でも傑作である。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像

×