コンパクトSUV「スズキ・エスクード」に1.4ターボ新設定 1.6ℓと棲み分けへ

2017.07.26

スズキ株式会社は、コンパクトSUV「エスクード」に、1.4ℓ直噴ターボエンジンを搭載した「エスクード 1.4ターボ」を追加して7月26日より発売します。

ゆとりの1.6ℓ スポーティな1.4ℓ

エスクード 1.4ターボ」は、2.0ℓ自然吸気エンジン並みの高出力/高トルクを発揮する1.4ℓ直噴ターボのブースタージェット・エンジンに6速ATを組み合わせる。

外観は新しいデザインのメッキフロントグリル、専用色アルミホイール、ルーフレールを装備。

黒を基調にした内装は赤のアクセントカラーを施し、専用ステアリングホイールと専用ペダルプレートを採用してスポーティーな印象とした。

エスクードは、ハンガリーの子会社であるマジャールスズキ社で生産し、日本では輸入車として販売する。

ゆとりある走りの1.6ℓ自然吸気エンジン搭載車に加え、スポーティーな走りの1.4ℓ直噴ターボエンジン搭載車を追加することでエスクードのラインアップを強化。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

スズキの人気画像