VWアルテオン試乗 室内や洗練性◯ 150psは力不足 190psに期待

公開 : 2017.09.08 12:10  更新 : 2017.09.08 12:12

どんな感じ?

150psのディーゼル 発進加速あと一歩

フォルクスワーゲンの2.0 TDIエンジンは、われわれにとってあたらしいものではない。

ゴルフからティグアンまで、フォルクスワーゲンのラインアップに加わったこのエンジンを、これまで何度もテストしており、その評価は、一貫してスムーズで洗練され、そして経済的であると評している。

であるから、このクルマの強みはよく理解している。高速道路でのクルージングで、エンジンはその存在こそ主張しないが、実力を発揮する。長距離ドライブはお手の物である。

一方で、2.0 TDIエンジンの欠点は、発進からの加速で、少々がさつなのだ。ほかのいかなるスピード域で感じされるそれよりも、反応がにぶい。

ラウンダバウトやジャンクションで、ここぞという時に、思った以上のがんばりが必要なのだ。

組み合わさる7速DSG変速機は、何の苦もなく、スムーズに素早く変速を行うことができる。1速に固定することも可能なので、前述のエンジンの不甲斐なさを補うこともできる。

乗り心地とハンドリング、内装も見ておこう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

フォルクスワーゲンの人気画像

×