試乗、マクラーレン570Sスパイダー 「いい意味でクーペと同じ」

公開 : 2017.10.18 11:40

マクラーレン570Sスパイダーの英国試乗記です。カーボンファイバー製のモノセル・タブ構造ゆえ、「クーペと(いい意味で)同じ」というのが編集部の見立てです。詳しくは内容をご覧ください。

もくじ

どんなクルマ?
構造ゆえ、剛性不足とは無縁
ルーフ以外、多くの場合がクーペ同様

どんな感じ?
サウンド、回転フィールは?
走りを検証 風の巻き込みは?

「買い」か?
「一度運転すれば……」

スペック
マクラーレン570Sスパイダーのスペック

どんなクルマ?

構造ゆえ、剛性不足とは無縁


マクラーレン570Sのクーペボディからスパイダーが派生することに関して、理解することはかたくない。



固定式の屋根を、時速40km/hまで開閉可能なリトラクタブルルーフに付け替えたマクラーレン。クーペやサルーンからロードスターを生み出す場合、補強のための少なくない重量増やスカットルシェイクなどのネガティブ要素が生じる場合が多いが、カーボンファイバー製のモノセル・タブ構造により、マクラーレンの場合は該当しなかったからだ。



このタブ構造は、F1と基本的に同じアプローチだ。構造補強のための、鉄やアルミニウムによる凝った構造が必要なく、雨風を防げる折りたたみ式のルーフが備わるだけ。オープン化による重量増は中学生並みの46kgで、助手席の大人を子どもに乗せ替えればトレードオフできるだろう。



最高速度はルーフを閉じていれば328km/hで、0-100km/h加速は3.2秒と570Sクーペと変わらないが、ルーフを開けると313km/hに若干低く制限される。カーボン製のタブは、MP4-12Cの頃から変わらずオーストリアのカーボテック・ヨーロッパ社が製造しているが、2019年からはマクラーレンが新たに英国のロザラムに準備する工場で製造される予定となっている。



リカルド社と共同開発された3.8ℓV8ツインターボエンジンは、ショアハムの工場で組み立てられ、570psを発生。このV8はデュアルクラッチの「シームレスシフト」7速ATで駆動される。スパイダーのパワーウエイトレシオは380ps/トンで、200km/hまでわずか10秒で到達する俊足だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事