ロールス・ロイス・ファントムⅦ モデルチェンジで割安に 中古車購入ガイド

公開 : 2018.01.08 10:10


専門家の意見を聞いてみる

デュアン・スターマン
スターマンズ・ロールス・ロイス・アンド・ベントレー・スペシャリスト

「30年以上ロールス・ロイスに携わってきましたが、最初はノッティンガムのディーラーの見習いでした。どのロールスも、素晴らしいエンジニアリングの塊です。それは、ファントムVIIも例外ではありません。世間ではランニングコストがかさむと思われていて、それはたしかにオペル・コルサと同じというわけにはいきません。ただし、わたしのような専門業者に任せて、パーツは質のいいアフターマーケット品を使えば、節約することはできます。このクルマなら、BMW 7シリーズと多くのパーツを共用していますから、ちゃんとした専門業者ならBMWの部品をうまく流用して、費用を抑えることもできます」

知っておくべきこと

先述した、ウォーターポンプとブロックをつなぐクーラントパイプのシールに損傷があった場合、正規ディーラーで修理すれば費用は9000ポンド(136万円)近くかかる。しかし、ロールスやベントレーのパーツを多くストックするフライングスペアーズでは、折り畳み式パイプを在庫しており、交換作業も当日中に終わる。費用は、部品代と工賃合わせて2000ポンド(30万円)程度だ。

いくら払うべき?

7万5000〜8万9995ポンド(1125万〜1349万円)

2006年モデルまでで、走行距離は12万〜21万kmを超える。もはやロールスの歴史の一部となりつつあるクルマだ。

9万〜104万995ポンド(1350万〜1574万円)

2006〜07年の程度がいい個体。中には、2006年式で走行7万5000kmほど、ロールスの公式な整備履歴が揃っていて9万9995ポンドというものもあった。

10万5000〜11万4995ポンド(1575万〜1724万円)

2006年モデル以降でロールスの公式な整備履歴が揃っており、しかも低走行。1オーナーの06年式で、しかも2万kmを切る個体で、10万7995ポンドという個体も。

11万5000〜12万4995ポンド(1725万〜1874万円)

2008年モデル以降。11万kmで11万9990ポンドから、7万km少々で12万4900ポンドまでまちまち。

12万5000〜14万9995ポンド(1875万〜2249万円)

08〜09年式のファントム・クーペや、低走行の07〜08年式サルーンが選べる。

掘り出し物を発見

ロールス・ロイス・ファントム 登録2008年 走行13万km 価格10万ポンド(1500万円)
もしも長く乗るつもりで購入するなら、予算内でベストな物件を選ぶべきだ。たとえば、こんなクルマを。1オーナーで、新車で販売した正規ディーラーでの整備履歴がフルに揃っている。欠点を挙げるなら、あまり趣味の良くない内装くらいだろうか。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事