BMWのEV開発 iX1〜iX9を商標登録 iブランドと既存のEV版、2軸か

公開 : 2018.01.17 12:10

BMWが登録した商標をみると、今後のEV戦略が浮かびあがってきました。i3とi8のような「i」ブランド直属のモデルと、「xi3」のような「標準ラインナップのEV版」という2種になりそうです。

iX1〜iX9商標登録にみるBMW EVの今後

BMWのEV開発部門は、i3やi8のような「i」ブランドのみに属するモデルと、X3のような標準モデルのEV版の開発という2軸で、EVを促進する考えをしめす。

X3のEV版である「iX3」の投入は2020年。さらに11台のEVを2025年までに揃える。「i」にまつわる9つのモデル名を既に商標登録済み。内容はiX1〜iX9となる。

ちなみにi3/i8が生産される以前、BMWはi1〜i9の名を商標登録している。E1〜E9もBMWが登録している。

アウディ、ジャガー、メルセデス・ベンツなどプレミアムブランドが複数の電動SUVを投入することを明言しており、BMWもそれらと真っ向勝負することとなる。

BMWではSUVにあたるXシリーズと「iX」シリーズの外観がまったく同じかどうかは定かではないが、EVならではの外観になったとしても不思議ではない。

 

人気記事