VW燃費不正問題の「その後」 どれくらい対応済み? 具体的な解決策は

公開 : 2018.01.27 18:40  更新 : 2018.01.27 18:49

フォルクスワーゲンの排ガス不正問題後から、しばらくが経ちました。同社はどう挽回のでしょうか? きれいごとだけではない「本気」のトライを目の当たりにしました。

text:Jesse Crosse(ジェシ・クロス)

もくじ

「きれいごと」ではないVWの対応
改良技術によるNOxの大幅な低減
高速プラグインハイブリッドとEVの投入
ガソリン技術のパワーアップも注力
2種類のマイルド・ハイブリッド車
CNG(圧縮天然ガス)と合成燃料も

「きれいごと」ではないVWの対応

排ガス不正問題を受けて、フォルクスワーゲンは欧州、北米、中国が推進する将来のCO2排出量削減要求に対応できるさまざまな新しいパワートレイン技術を計画している。

同社の主な目的は気候目標の達成であり、排出量削減への取り組みに莫大な資金を投入しているようだ。開発しているのはハイブリッド、電気、高度な燃焼エンジンといった幅広い技術である。

乗用車のCO2平均排出量を2020年までに95g/kmとする目標値に対して2030年までにさらに削減することが求められそうだ。この難題に対処するにあたって、どのメーカーもパワートレインの電動化が必須となるだろう。

フォルクスワーゲンの販売全体に占める電気自動車の割合は現在わずか3%だが、2025年までにバッテリー式電気自動車が25%、その他の電化技術を採用したクルマが50%以上を占めることになると同社は予測している。

さらに、バイオ燃料や合成燃料、合成天然ガスの研究も進めている。

 

人気記事