ポルシェ911 GT3 RS新型 4ℓフラット6は自然吸気 520ps発揮

公開 : 2018.02.21 11:31  更新 : 2018.02.21 12:12

新型ポルシェ911 GT3 RSは、自然吸気の4ℓ水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載し、従来型+20psの520psを発揮。トランスミッションはPDK。無償オプションとしてクラブスポーツパッケージが用意されます。また軽量化に寄与するヴァイザッハ・パッケージも選べます。

もくじ

0-100km/h加速3.2秒 最高速度は312km/h
エアロダイナミクスとレーシング仕様の内装
4ℓ6気筒自然吸気エンジン、520ps発揮
シャシーとクラブスポーツパッケージ
ヴァイザッハ・パッケージとマグネシウムホイール
ポルシェ911 GT3 RS新型 公式動画

0-100km/h加速3.2秒 最高速度は312km/h

ポルシェのモータースポーツ部門は、ジュネーブモーターショーにおいて、モータースポーツ向けのシャシーを採用し、最高出力520psの4ℓ高回転自然吸気エンジンを搭載した911 GT3 RSを発表する。

911 GT3 RSは、911 GT3をベースとして、さらに改良を重ねたもので、最大限のダイナミクスと精度が得られるようにリファインされたリアアクスルステアリングを含むランニングギアのセットアップと、性能が向上したエンジンが組み合わされている。

911 GT3 RSの0-100km/h加速は3.2秒で、最高速度は312km/h。ポルシェは、911 GT3と911 GT2 RSに続き、公道仕様の3台目のGTスポーツカーを1年以内に発売することになった。

エアロダイナミクスとレーシング仕様の内装

クラシックな固定式リアスポイラーを備えた、ワイドで重量を最適化したボディのデザインは、エアロダイナミクスに基づいて決定されている。

外観と同様に内装もレーシングカー然としており、レベルの高いドライビングダイナミクスを踏まえて、カーボン製フルバケットシートがしっかりとしたサイドサポートを提供する。

「収納ネットとオープニングループ付きの軽量ドアパネル、遮音材の縮小、新しい軽量リアリッドが、素材選択の一貫性をいっそう強調しています」とポルシェは述べる。