ホンダCR-Vロードスター? エイプリルフール(1)

公開 : 2018.03.30 12:40  更新 : 2018.03.30 12:40

ホンダCR-Vロードスターが発表(?)されました。もう、お分かりですね。毎年恒例の自動車メーカーによるエイプリルフール劇場のはじまりです。第1弾は、ホンダから独創的なコンセプトモデル。

グラインダーによるハンドクラフト・モデル

例年、自動車メーカーから発信されるエイプリルフールのネタ。今年の第1弾は、ホンダによる「まったくドライビングに不向きな」コンセプカーだ。

CR-Vロードスターは、Bピラー、Cピラーを取り除いたCR-Vである。…失礼、ルーフも無くなっていた。


そうして生まれたのが、構造的に不健全な1台。アングル・グラインダーによる手作業で製造されるという。

本プロジェクトを率いたホンダのEipurirufūru氏(=エイプリルフール)は、「大胆と言えるほど新しい方向性を示したCR-Vの登場です。幻のマーケットを開拓していくものになるでしょう」と話しているとか。

なお、AUTOCAR JAPANでこの記事をご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『ホンダCR-Vロードスター?』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事