マツダCX-5 2018年型マイナーチェンジ車 2017年との違い、試乗の印象

公開 : 2018.03.31 09:50

マツダCX-5のマイナーチェンジチェンジ車(2018年型)は、2017年型とどう違うのでしょう? Skyactiv-G(ガソリン)とSkyactiv-D(ディーゼル)のそれぞれと装備の変更点の解説にくわえ、それぞれを試乗して「違い」を確かめることにしました。

もくじ

CX-5 ディーゼル車の変更点
CX-5 ディーゼル車の試乗印象
CX-5 2.5ℓガソリン車の変更点
CX-5 2.5ℓガソリン車の試乗印象
その他の変更点とまとめ

CX-5 ディーゼル車の変更点

最高出力は15ps、最大トルクは3.1kgmも向上した。ターボなら過給圧を上げれば幾らでもパワースペックを高められる、と考えるのは短絡が過ぎる。

ドライバビリティや耐久性、燃費等々のバランスがあってシステムは構築されるのであって、MC前のパワースペックは当時の最善の結果なのだ。

換言すればパワースペックの向上はシステムの変更を示している。エンジン型式はMC前と同じSH-VPTS型だが、2ステージターボの大径ターボ側に可変ジオメトリータービンを採用。

燃料噴射制御では超高応答マルチホールインジェクターを採用し、高圧で複数回に分けて噴射しノック音を減少させると共に燃焼時間の短縮を図った急速多段燃焼を採用した。さらに燃焼室形状の最適化なども加わり、ハードとソフトの両面から改良が加えられている。

一言で済ませればCX-8に採用されたパワートレインを移植したわけだが、車重はCX-5が約200kgも軽量なのである。パワー&トルクウェイトレシオを考えれば大幅な動力性能向上が見込めるはずだが、その結果は。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事