マツダCX-5 2018年型マイナーチェンジ車 2017年との違い、試乗の印象

公開 : 2018.03.31 09:50

その他の変更点とまとめ

車体周辺を俯瞰で表示する全周モニターや全パワーウインドウへのワンタッチ機構の採用、パワーテールゲート設定グレードの拡大などCX-8同様の利便装備も用意され、日常用途での使い勝手も向上している。

マニアを唸らせる類ではないが、生活とレジャーを共にするSUVの魅力を高める改良である。

そして最も感心させられたのは価格設定である。パワートレイン周りの改良はハードウェアの変更を伴い、しかも機構や部品点数からしてもコスト高は明白。

しかし、実質価格据え置きである。改良の方向性も商売っ気でも「良心的」という言葉が似合いである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事