ランボルギーニ 300台目のウラカン・レーシング仕様をラインオフ 3年で達成

公開 : 2018.04.04 20:40

ただでさえ高性能なランボルギーニ・ウラカン。その「レーシング・モデル」の製造が、通算300台目を迎えました。スーパートロフェオ、GT3といったマシンが世界中で活躍しているなか、この春は「エヴォ」に注目したいところです。

ウラカン・スーパートロフェオ/GT3 大台超え

サンタガータ・ボロネーゼのウラカン用組立ライン。今年3月、そこから記念すべき300台目のレーシング仕様がラインオフした。

ランボルギーニ・スクアドラ・コルセが、2015年以降送り出してきたウラカン・スーパートロフェオ、ウラカンGT3といったマシンによるこの記録。それは、世界で最も多くのマシンを製造するモータースポーツ部門であることを意味している。


ステファノ・ドメニカリCEOは、本件に関してこうコメントしている。

「2017年。ランボルギーニは3815台を製造し、生産台数の記録を7年連続で更新しました。同様にランボルギーニ・スクアドラ・コルセも、スーパートロフェオ、GT3のローンチからたった3年で特別な成績を残したのです。モータースポーツ部門のカスタマーに支えられ、われわれの成長は一層確かなものになっています」

その成長のキーとなるのが、スーパートロフェオ・エヴォの登場である。
 

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事