ヒュンダイ、次世代コンセプト発表 あえて他モデルと共通項もたせず

公開 : 2018.05.09 06:10  更新 : 2021.03.05 21:37

ヒュンダイのスタイリング・チーフ、サン・ヤップ・リーが、同社の次世代デザインについて語りました。多くのメーカーが、ボディ形状をまたいで、デザインに共通項をもたせる一方で、ヒュンダイはモデルごとに個別のデザインを与え、これを「ヒュンダイルック」と呼びます。

もくじ

ル・フィル・ルージュに続く新言語
「感覚に訴えるスポーティネス」とは

ル・フィル・ルージュに続く新言語

ヒュンダイは最近発表されたル・フィル・ルージュに続く、ふたつ目のコンセプトモデルを構想している。

ル・フィル・ルージュの引き締まったルックスは、エモーショナルな魅力に満ちている。4ドアクーペのこのクルマは、3月に行われたジュネーブ・モーターショーのスターだった。

そして、スタイリング・チーフのサン・ヤップ・リーによれば、ル・フィル・ルージュに続いて、ヒュンダイの新デザインテーマを全く違った形で解釈した新たなコンセプトカーが発表されるという。

「わたしたちは『金太郎あめ』式のスタイリングは求めていません。ヒュンダイというブランドにはうまく当てはまらないのです」とリーはいう。

「というのも、ヒュンダイは世界中で多くの異なるモデルを販売しており、その全てに合うようなデザインを作ることは不可能なのです」

リーはヒュンダイのアプローチを、チェスに例えて説明した。

「チェスにはキング、クイーン、ビショップ、ナイトなどがありますが、すべて異なります。しかし一度集まれば、ひとつのチームになります。これがわたしたちの戦略です。わたしはこれを、ファミリールックではなく、ヒュンダイルックと呼んでいます」

「ヒュンダイのデザインは次のレベルに上がる必要があります。だからこそ、コンセプトカーを作ったのです」

さらにリーは語る。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事