ホットハッチ頂上対決 フォーカスRS vs メガーヌR26R vs ランエボX 後編

公開 : 2018.07.24 19:10

ランエボは速さに不満はないものの、乗り心地に難があるとして脱落することになりました。そこでR26RとフォーカスRSとの一騎打ちですが、速さが売りのフォーカスに対し、ドライバーズカーとしての資質ではR26Rの勝利という結果になりました。

AUTOCAR JAPAN誌 74号

もくじ

ランエボは乗り心地に難あり
楽しさのR26R
速さのRS
最高のドライバーズカーはR26R

ランエボは乗り心地に難あり

まず、4WDのハードウェアを持つランエボだが、その区間を繰り返し走ったあと、あっけなく最下位の評価を受けることになった。誤解してもらっては困るのだが、単独で見ればランエボはとてもいいクルマだ。特にトラクションは素晴らしい。速さにも不満はないし、身のこなしも機敏である。

だが、乗り心地が問題となった。さほど荒れていない路面でも揺さぶられ、大きめのバンプではリアが跳ねるのだ。さらに、重みと正確さとレスポンスの点では申し分ないのだが、ステアリングがインフォメーションに乏しい。この点に関しては、エボⅥのほうがずっとよかった。

エボⅩが有能なマシンであることに疑う余地はない。サーキットならブレーキを残してターンインさせてリアが大きく滑り出すのを待ち、それからスロットルをめいっぱい踏んでラインを立て直すような痛快な走りを心ゆくまで楽しめる。

だが、このルートは(公道はたいていどこでも)それを楽しむ場所ではない。となると、今回の3台のなかでもっとも室内の魅力に欠け(シートは良好)、サウンドがもっとも味気なく(ギアシフトはカチカチと正確に決まる)、ブレーキペダルのフィールがいちばん頼りなかったランエボが、潔く3位という評価を受けるしかなかった。

 
最新試乗記