英国はこう見る トヨタ・スープラA80型 中古車購入の注意点、新型との関係

公開 : 2018.08.13 10:10  更新 : 2021.01.28 18:01

憧れを手にする大人たち

スープラは、自然吸気エンジンに5速マニュアルを搭載したモデルや、エアロトップと呼ばれる取り外しが可能なルーフを持ったモデル、アエロボディキットなど、様々なモデルバリエーションとオプションを揃えていた。

ちなみに、正規の英国仕様車と、日本からの並行輸入車を見分ける点がある。英国仕様の場合、ボンネットにはエアベント、ヘッドライトにはウォッシャーとワイパーが付いており、ブレーキディスクも大型のものとなっている。

また、日本仕様と同様だが、内装はレザー張りで、パワーウインドウやアンチロックブレーキシステム(ABS)に加えて、冴えないトラクションコントロールも標準装備となっている。

モデルライフでの目立った変更点は、1998年に行われたバリアブル・バルブタイミング&インジェクション(VVT-i)の採用と、自然吸気モデルのSZ-Rが、ターボ車と同じ6速マニュアルを搭載したことだろう。

今日、4代目スープラは、40代前後のクルマ好きから注目を受け始めている。英国で最も人気が高いのは、ターボのマニュアル車。実際、程度の良いクルマにはかなりの高値が付いている。ショールームに飾られるようなクルマにチューニングを施し、最高出力が1000psを超えるクルマもあるようだ。

来年、5代目スープラが登場する前の、今年こそ、4代目スープラを妥当な価格で手に入れることができる、絶好の機会だといえる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事