英国はこう見る トヨタ・スープラA80型 中古車購入の注意点、新型との関係

公開 : 2018.08.13 10:10  更新 : 2021.01.28 18:01

専門家の意見を聞いてみる

マット・フランクリン(トリスタン・ロングデン(トルクGT代表))

「4代目スープラの需要は高く、1カ月毎に価格が上昇いている状況です。購入するのは、少年の頃にポスターを貼って憧れていた40歳代。子供の頃のノスタルジーを懐き、大人になってお金を使えるようになったひとですね」

「エンジンに心配はいりません。調子のいいスープラは、永遠に走っていられそうに感じられます。英国仕様のクルマは数も少なく、価格はかなり強気。最も手に届きやすいスープラは、自然吸気のAT車ですが、それでも価格は上昇中です」

「ターボ搭載車でも、ATなら、マニュアルよりもだいたい30%程は安価です。あまり評価はされていないようですが、スポーツカーというより、グランドツアラーの雰囲気が強いスープラには、ATも似合っていると、わたしは思います。壊れにくいですしね」

知っておくべきこと

もしツインターボに手が届かなくても、自然吸気モデルにシングルターボを取り付けることはそれほど難しくない。5速マニュアルは充分頑丈だが、クラッチは強化したほうが無難。ATも400psくらいまでなら許容範囲。チューニングショップに相談してみると良いだろう。

いくら払うべき?

4500〜5500ポンド(65万〜80万円)

最も安価なクルマの価格帯。自然吸気で過走行車。オリジナルではなく、かなり手が加えられている場合が多い。

7000〜8995ポンド(100万〜129万円)

妥当な状態の自然吸気モデル。サービス履歴も揃い、走行距離もほどほど。

9000〜1万2500ポンド(130万〜180万円)

殆どは状態の良い自然吸気のAT車。中にはターボ車や、自然吸気のマニュアルもある。

1万5500ポンド以上(233万以上)

ターボ車でマニュアルの程度の良いモデルが見つかる。われわれが英国で見た限り、最も高いクルマは2万2000ポンド(316万円)だった。

掘り出し物を発見

トヨタ・スープラSZ AT
1994年後期 10万2000km 7000ポンド(100万円)
悪くはなさそうだ。ターボのマニュアルではないけれど、その分価格も手頃。2006年から14回の整備を受けており、整備記録も確かで、シール類やガスケット、コイルスプリングとブレーキは最近交換してある。車検も長いようだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事