メルセデス・ベンツCLA45 AMG 4マティック

公開 : 2013.03.28 20:00  更新 : 2017.06.01 01:50

メルセデス・ベンツは、今年発売されるAMGパフォーマンス・トリオの2番目のモデルとなるCLA45 AMG 4マティックを発表した。

このCLA45 AMG 4マティックは、最近発表されたA45 AMG 4マティックと、近い将来発表されるGLA45 AMG 4マティックと同様、355bhpの2.0ℓ4気筒ターボを搭載するモデルだ。

その価格は40,000ポンド(570万円)で、英国では10月から販売が開始される予定だ。

横置きに搭載されるエンジンは、基本的にA45 AMG 4マティックと同一で、355bhp/6000rpmのパワーと、44.5kg-m/2250-5000rpmのトルクを持つ。トランスミッションは7速デュアル・クラッチのAMGスピードシフト・ギアボックスで、ハルデックス・マルチプレート・スタイルのクラッチを持つ4WDが標準となる。AMGスピードシフトは3つの駆動モード、C(コンフォート)、S(スポーツ)、M(マニュアル)を持つ。

そのパフォーマンスは、0-100km/h加速が4.6秒。これは451bhpの6.2ℓV8を搭載したC63 AMGサルーンよりも僅かに0.4秒遅い数字だ。トップスピードはリミッターによって250km/hに制限される。

燃費は14.5km/ℓ、CO2排出量は161g/kmだ。

CLA45 AMGは、外観では新しいバンパー、大型化されたアロイ・ホイール、深いサイドシル、大きくなったエア・インテークなどが特徴。また、インテリアでは、AMGインストルメント、レザー・スポーツ・シート、赤いシートべルト、パドル・シフトを備えたAMGマルチファンクション・ステアリング・ホイール、AMGシル・パネル、アルミニウム製のダッシュボード・トリムなどが専用装備となる。

フロントがマクファーソン・ストラット、リアがマルチリンクというサスペンションにも大きく手が入れられている。強化されたスプリング、ダンパーが与えられ、車高も落とされている。

ESPプログラムは、3つのモードが選択可能。オン、スポーツ、そしてオフだ。また、カーブ・ダイナミック・アシスト機能も装備される。

シャシー面では、電気機械式のステイアリングのマッピングが、レスポンスを鋭くすることを目的に変更されている。ブレーキもフロントがクロス・ドリルドのΦ350、リアがΦ330となっている。

価格は、アメリカでは47.450ドル(450万円)からで、エントリー・レベルのAMGモデルと位置づけられる。

CLA45 AMGは、「若いユーザーにアピールするモデルだ」とセールス・ボスのヨアヒム・シュミットはコメントしている。
 
 
ニューヨーク・モーターショー特設ページ

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事