お手頃ベストドライバーズカー選手権2018 2ndステージ ことしの覇者決定

公開 : 2018.09.09 07:40  更新 : 2021.03.05 21:37

最終結果 勝者は全員一致で

この4台がこの1年に登場したリアルワールドにおけるパフォーマンスカーのベスト4だ。

われわれにとってはすべてのモデルが勝者だが、チャンピオンのなかのチャンピオンを決めなければ、われわれの任務を果たしたことにはならないだろう。

各テスターの持ち点10点を4台に振り分け、最高得点を得たクルマが英国における今年度最高のお手軽ドライバーズカーの称号を手にする。

わたしダン・プロッサーは、4台をふたつのグループに分けることにした。2台は非常に好ましいモデル、そして残る2台は尊敬すべきモデルだ。ヒュンダイとマツダには2ポイントずつを、フォードルノーには3ポイントずつを投じた。つまり、同点でフィエスタSTとメガーヌR.S. 280がわたしのなかでの勝者だ。

フィエスタSTにはエンドレスで楽しむことのできる公道でのダイナミク性能と、比類なきバリュー・フォー・マネーが、そしてメガーヌは、唯一この4台のなかでサーキットドライビングを心から楽しむことができたモデルだった。


しかし、メガーヌを評価したわたしは少数派だ。すべての開票を終えた結果、このクルマの順位はヒュンダイに僅差で続く4位だった。ホットハッチ界に君臨するルノースポールにとって、彼らは依然か弱き挑戦者に過ぎないが、これはヒュンダイにとっての偉大な勝利だろう。

そして次点はBBR マツダ MX-5だが、全員一致でトップになったのはフォード・フィエスタSTだった。

いつものごとく、プライヤーのひと言を最後に紹介しよう。

「つねにそのボディ中心を軸に旋回する様子が最高だ。コーナーでのフィエスタSTは好きにならずにはいられないほどの情熱であり、積極的にドライバーを楽しませようとする。これがすべてだ」

2ndステージ:合計結果

フォード・フィエスタST:17(バード:4、レーン:3、プライヤー:3、プロッサー:3、ソーンダース:4)
BBR MX-5:13(バード:3、レーン:3、プライヤー:2、プロッサー:2、ソーンダース:3)
ヒュンダイi30 N:11(バード:2、レーン:2、プライヤー:4、プロッサー:2、ソーンダース:1)
ルノー・メガーヌR.S. 280カップ:9(バード:1、レーン:2、プライヤー:1、プロッサー:3、ソーンダース:2)

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記