トヨタGT86カブリオレのルーフが明らかに

公開 : 2013.04.18 10:39  更新 : 2021.01.28 18:11

トヨタGT86カブリオレのルーフを閉じたスタイルが、特許出願のための書類からリークされた。この写真は、ジュネーブ・モーターショーでコンセプト・モデルが発表されて数週間後に、特許取得のための書類に添付されたものである。その出願は、富士重工業から出されたもので、このことからもBRZカブリオレも計画されていることが解る。

そのイメージは、トランクとルーフの角度や、ルーフそのもののスタイルなど、クーペとほぼ同じようなルックスを持つようだ。固い金属製のルーフではなく、ファブリック・ルーフにしたのは、重さを考慮してと、ブート・スペースを確保するためと考えられる。

エンジンは、197bhp、20.9kg-mの2.0ℓボクサーで、クーペと同じ。パフォーマンスについても、225km/hのトップスピードと、0-96km/h加速7.4秒のタイムを持つ。

なお、カブリオレ・モデルへのコンバージョンによって増えた重量は、100kg弱であるとされている。

GT86カブリオレの発売日はまだ不明だが、すでにテストが繰り返し行われていることを考慮すれば、そのデビューはそう遠くないと思われる。

関連テーマ