フェラーリ360モデナの中古車 F1マティックの故障、心配は スパイダー検討も?

公開 : 2019.01.01 10:10  更新 : 2019.01.02 09:31

フェラーリ360モデナは日常使いも十分に賄えます…まあ懐具合も相応に深ければ、ですが。355以前のモデルと比べ信頼性は格段に向上しているものの、修理費で破産しないためには慎重な見極めが必要そうです。

もくじ

普段乗りもできるフェラーリ
2種類のギアボックス
注意点 オプション品は
フェラーリ360モデナの中古車 購入時の注意点
専門家の意見を聞いてみる
知っておくべきこと
いくら払うべき?
掘り出し物を発見

普段乗りもできるフェラーリ

フェラーリ360をガレージに収めたいと思っているあなた。最近モデナF1を点検に出して9000ポンド(130万円)が飛んでいったオーナーの話をきいたらどうだろうか?

とあるディーラーでは2004年モデル、6万3000km走行の1オーナー車を6万7000ポンド(973万円)で売っていたが、この手のクルマでは値札の金額などほんのさわりにすぎないのだ。

だからといって、360などあきらめなさいというつもりなど毛頭ない。マラネロの歴史に新しい1ページを記したモデルだし、スーパーカーにしてふだん使いにも耐える融通性と信頼性はそれまでのモデル、とりわけ先代にあたるF355よりもはるかに高まっている。

だから、フェラーリにしては距離をかさねた個体がおおかったり、オドメーターの数字が価格にさほど影響しなかったりするのだろう。

360のデビューは1999年。2005年には後継のF430に道をゆずっているので、選択肢はわずかに6年分だ。おおきく分けて種類は3つ。クーペのモデナとオープンのスパイダー、そしてサーキット走行にふさわしいハードコア仕様のチャレンジ・ストラダーレだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フェラーリの人気画像

×