VWゴルフ M・ベンツCクラスで試す グランドツーリング・タイヤ

公開 : 2018.12.30 18:10

どんな感じ?

「GT」の意味

操安性等の動的性能を高めたタイヤは一般的に「スポーツラジアル」に分類される。その伝で言えば「ブルーアース・スポーツ」でもよさそうだが、何故わざわざ「グランドツーリングタイヤ」と銘打ったのか。それは試乗してみれば容易に理解できた。

ひとつはグリップ限界を極めるタイプの高性能タイヤではないこと。限界性能が低いと誤解されても困るので付け加えるが、グリップ限界は準高性能タイヤと言ってもいい。ただし、スリップ率の大きな領域でのグリップ性能まで考慮した設計ではない。要するにサーキット走行云々というような状況は想定されていない。

もうひとつは切れ味よりも安定性と安心感を軸脚としたコントロール性のよさ。すべてのタイヤに求められる要件だが、グランドツーリングではとくに重要である。

再び「誤解なきよう」になるが、ブルーアースGTの切れ味が鈍いわけではない。微小操舵の反応は良好であり、神経質な反応はない。適度に操る手応えが伝わってくる。ただ、これらはブルーアースGTの本領ではない。グランドツーリング特化を実感するのは操舵後の収束性である。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事