ランドローバー・エクスペリエンス・センター 英国6拠点を巡礼 オフロード性能を体感

公開 : 2019.01.20 10:10

LREヨークシャー

レンジローバー・イヴォーク TD4 180 SEテック オート

羊の放牧地でもある12.1km2もの丘陵地に広がるスキプトン近郊のブロートン・ホール・エステートに、砂利敷きのルートと障害物が巧妙に配置されたLREヨークシャーはある。インストラクターのアダム・ウィルコックスがこのセンターを案内してくれた。

われわれのために用意されたイヴォークのオフロード性能は、昨日のディスカバリー・スポーツとほぼ同じようなものだ。アプローチアングルはそれほど変わらないが、短いホイールベースとリアオーバーハングのお陰で、ブレークオーバーとデパーチャーアングルはディスカバリー・スポーツを凌いでいる。

だが、最低地上高の低さによって、ロッククロールを行うような場面では、ボディ裏を擦るのではないかと心配しながら、慎重に歩みを進める必要があるのだ。それでも、イヴォークはゆっくりと丘を下り、凍結路を模して運転席側に設置されたローラーの上でもHDCは巧みなブレーキ制御でタイヤをコントロールし続け、グリップの回復に備えていた。


丘の頂上にある直角に曲がったコーナーでは、エアサスペンションを持たないイヴォークのタイヤは、30cm以上も地面から離れ、シートベルトによって何とかシートに座っていられるような状態だったが、それでも、このクルマは何事もなかったかのように素晴らしい安定感でコーナーを通過し、丘を下って行った。

さらに、勘に頼ったドライビングを時代遅れにするふたつのオプションを試してみることにした。サラウンドビューカメラを使えば、林道のような狭く、曲がりくねった場所でも、フロントタイヤの動きを逐一確認することができる。さらに、ふたつのセンサーで測定した水深は音声と表示でドライバーへと伝えられ、このスタイリッシュなイヴォークの最大渡河深度は、旧ディフェンダーと同じ500mmに達しているのだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事