ランドローバー・エクスペリエンス・センター 英国6拠点を巡礼 オフロード性能を体感

公開 : 2019.01.20 10:10

LREリバプール

ディスカバリー TD6 HSE オート

ディスカバリー・スポーツとイヴォークを生産するヘイルウッド工場と、交通量の多い2車線道路に挟まれた場所にあるLREリバプールはわずか0.02km2の広さしかないものの、この人工のアウトドアパークには、大量の障害物がところ狭しと設置されている。

ランドローバーが誇る本格オフロードモデルのなかで、ディスカバリーはもっとも安価な選択肢だが。今回用意されていたV6ディーゼルモデルには2.93:1のギア比で時速60kmまで選択可能なローレンジとエアサスペンション、さらには大型モデルだけに設定されているオプションのGKN製リアe-ディフェレンシャルが搭載されていた。セントラルトランスファー同様、このe-ディフェレンシャルでは湿式マルチプレートクラッチによって、瞬時のトルク再配分を可能にしている。

ローレンジでは、テレイン・レスポンスにスロットル調整とデフロックによるロッククロール・モードが追加され、小型モデルよりも充実したオフロード走行に関するディスプレーでは、ディフェレンシャルのロック状態やサスペンションの動き、タイヤの滑りとステアリング角といった様々な情報が一目で確認できるようになっている。

さらに、自動でトラクションコントロールを行うテレイン・レスポンス2もこのクルマには搭載されていた。


インストラクターのマル・ダットンの指示に従ってローレンジを選択すると、自動的に車高が75mm上昇して283mmとなり、小型モデルであれば苦労するような大きな障害も難なく通過することができた。

その後、35度の斜度を持つスロープに設置されたコーンの廻りを旋回してみたが、2.5t近くもある車重にもかかわらず、ディスカバリーはなんとか姿勢を保つことに成功している。

このセンターの最大斜度は、まるでスキー場のような45度もの急坂だったが、ローレンジで高回転を保ったまま低速走行を続けるとディスカバリーは頂上へと達し、フロントスクリーンから見えるのは青空だけという状況にもかかわらず、オプションのサラウンドビューカメラによって前方視界も確保されていた。

さらに、より自然の地形に近い砂利混じりの岩に覆われた斜面も用意されていた。ここでもディスカバリーは非常に印象的なパフォーマンスを見せてくれたが、もし雨が降っていればここは激流が流れる滝のような状態となり、軽量なイヴォークでさえ苦労しただろう。

だが、だからとって、ヘイルウッド製小型モデルを馬鹿にしてはいけない。イヴォークやディスカバリー・スポーツで3時間のトレーニングをこなすのは難しくないとダットンは言うが、その理由はこの目で目撃している。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事