試乗 ジャガーXFスポーツブレーク300R Fタイプのエンジン 大人のワゴン

公開 : 2019.02.21 10:35

ジャガーのスタイリッシュなエステートに、スポーツクーペのFタイプと同じ300psのエンジンが搭載されました。パワーは増加しても、優れた乗り心地と、落ち着いたジャガーXFの雰囲気はそのまま。英国の道で確かめました。

もくじ

どんなクルマ?
Fタイプと同じ300psの4気筒
どんな感じ?
ワゴンボディと相性のいいトルクフルな性格
秀でたステアリングとサスペンション
ライバルモデルよりも低価格
「買い」か?
歳を重ねた大人に愛されるクルマ
スペック
ジャガーXFスポーツブレーク300R-スポーツのスペック

どんなクルマ?

Fタイプと同じ300psの4気筒

タイトルを読んで、新しいジャガーFタイプとXFスポーツブレークは、主要なメカニカル・コンポーネンツを共有したのではないかと憶測するかもしれない。だが実は、既に8速ATやステアリング機構などは同じものが用いられており、今回さらに同じエンジンが搭載されることになった、といった方が正解だろう。

エクステリアデザイン周りのリフレッシュと合わせて、2019年のジャガーのラインナップとしては唯一のエステートモデルに、ターボ過給される2.0ℓインジニウムエンジンが搭載されることになった。このエンジンは、Fタイプのエントリーグレードに搭載されているもの。ちなみに2019年も、ジャガーXEはサルーンのみという設定に変わりはないようだ。

スペック的にもFタイプと共通で、300psを5500rpmで発生し、40.7kg-mを1500rpmで発生させる。XFスポーツブレークには、スーパーチャージャーで武装した380psを生み出す3.0ℓV6エンジンが存在し、米国市場では選択できる。だが残念なことに、英国ではWLTP規制によって、ダウンサイジングされた今回の2.0ℓエンジンが、最も強力なガソリンエンジンを搭載したXFのエステートとなる。日本の場合、このエンジンが選べるのは今のところサルーンのみとなっている。

新しいエンジンとの組み合わせを、確認してみよう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事