実車 レクサスRX改良新型 3列シートSUV(RX450hL)、大人用に3列目拡大

公開 : 2019.05.30 11:10

改良新型レクサスRXが発表。実車を撮影してきました。注目は3列シート仕様。3列目の座席が、子どもだけでなく、大人も座れるようになりました。写真20枚。

photo: Keisuke Maeda(前田恵介)

マイチェン型の写真20枚 3列目は?

レクサスは、SUVモデル「レクサスRX」のマイナーチェンジ車を世界初公開した。注目は、3列シート仕様の最後席スペース拡大である。

従来型の3列目シートは、北米からの要望で子どもが乗るための席として導入された。今回の改良では、大人が座れるように配慮。新たに、95mm後ろ、22mm下げたシート・ポジションが取れるように変更されている。

これによりラゲッジスペースの広さを重視するか、3列目に大人が乗れることを優先するか、状況に応じて選択できるようになったわけだ。

具体的には、ラゲッジを大きく取る場合、飛行機に乗るためのキャリーバックが縦に置けるスペースを、これまで通り用意できる。反対に、3列目シートのスペースを最大化するとラゲッジが狭まるものの、キャリーバックを横に置けるスペースは確保された。

もうひとつの大きな変更として、3列シート車の2列目に、キャプテンシートを設定したことが挙げられる。レクサスらしい、ゆったりとした快適な室内空間を、6人乗りのRXとして実現した。

外観については、フロントフェイスが変わっており、

・薄型化したヘッドランプユニット
・L字パターンのグリル
・グリル自体の立体造形化
・フォグランプのバンパー外側移設

などを行い、シャープでワイドな顔立ちに。

一方で、リアビューはレクサスのイメージを強める造形に変わったので、写真で確認しておこう。