SVO版に試乗 レンジローバー・ヴェラールSVオートバイオグラフィ 生涯の友

公開 : 2019.06.28 10:10  更新 : 2021.04.13 18:04

ミニマルなインテリアデザインに贅沢さをプラス

ランドローバーが公表するパフォーマンスに関する数字は、当てにならないことも少なくないが、0-96km/h加速に要する時間は4.3秒となっている。これは同じ最高出力を持つジャガーFペースSVRと完全に同値。同じプラットホームで構成され、ボディサイズも大きな違いはないから、車重は2t弱となることも疑いようがない。最高速度は283km/hといったところだろう。

標準のヴェラールはスタイリングの美しさで既に定評がある。それを崩さなないように、SVADにもかなり慎重に手が加えられている。フロントバンパーはスプリッターが大型化され、下側のエアインテークが大型化。ヘッドライトの間のフロントグリルも空気の流量が改善された。リアバンパーの下には4本出しの四角いマフラーカッターがレイアウトされ、特別仕様のエグゾーストシステムであることをアピール。しかし、ジャガーFペースSVRのものほど図太い、アグレッシブなサウンドではない。

サイドビューも、よりワイドで低く、地面とのスタンスを強調するようにサイドパネルのデザインが改められている。デザイナーによれば、高級感を損なうことなく、クルマをよりスペシャルビークルのように見せることがテーマだったそうだ。

インテリアデザインにも手が加えられた。ランドローバーのデザイナーたちは、インテリアのミニマルな哲学を持ったデザインに誇りを持っている。SVADもそれに変わりはない。高級なウインザーレザー張りの20ウェイ・パワーシートには美しいキルティングが施され、握り心地の良いステアリングホイールは、リムが若干太くなっている。アルミニウム製のシフトパドルが付き、細かな彫りが施されたコントロールスイッチ類がアクセントになっている。

またスチール製の繊維を織り込んだ、美しいカーボンファイバー・パッケージも選択が可能。シンプルな雰囲気を損なうことなく、上品に贅沢さを高めることができていると思う。

走りのダイナミックさをスペインで確かめてみた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事