V8を五感で体感 マクラーレン720Sスパイダーに試乗 性能はクーペと遜色なし

2019.07.05

Eクラス・カブリオレのようにも流せる

ゆったりとシートに座って、流すことも造作ない。リアとサイドのガラスを上げて、クロスリンクされたサスペンションを最も柔らかい状態にすれば、車内の乱気流に苛つくこともなく、高速道路でのクルージングを楽しめるだろう。プロアクティブ・シャシーコントロールⅡと呼ばれるサスペンションにはアンチロールバーは備わらず、ショックアブソーバーのフルードを任意に調整し、減衰力を変化させ、快適さを保ってくれる。

パワーデリバリーはエネルギッシュなままだが、アクセル操作さえ気を配れば、メルセデス・ベンツEクラス・カブリオレのように走らせることも可能だ。恐らくランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスターでは不可能な芸当だろう。

ご存知の通り、AUTOCARは720Sクーペがお気に入りだ。これまでも電動油圧パワーステアリングの素晴らしさについては詳しく紹介してきたし、優れた乗り心地や使い勝手の良さにも触れてきた。このパフォーマンスを備えたクルマとしては、肩を並べられるライバルはいないだろう。

スパイダーもその良さは変わらない。しかし、追加費用を払ってまでオープントップのスーパーカーを買うようなドライバーは、ハードトップのスーパーカーを買う層とは異なる優先順位を持っているはず。パフォーマンスだけでなく、優雅で気品あるエクステリアデザインも重要な要素となってくる。

その視点で見ると、残念ながらマクラーレンはフェラーリやランボルギーニと同等のドラマを提供してはいないといえる。一方で、マクラーレンのデザインは、スーパーカーとして過小評価されているようにも思える。これは数値化できる評価ではないが、エキゾチックなクルマとしては非常に大切な側面だ。

 
最新試乗記

人気記事