V8を五感で体感 マクラーレン720Sスパイダーに試乗 性能はクーペと遜色なし

2019.07.05

どんな感じ?

4.0ℓV8ターボエンジンを体感できるシアター

ルーフを閉じてしまうと、走行パフォーマンスでクーペとの違いを実感することは難しい。しかしこれこそ、720Sスパイダーだけの唯一無二の特徴であり、ストロングポイントとなる。すべてのオープンエアを楽しめるライバルモデルは、クーペと同等のステアリング精度や機敏なボディコントロール性を備えていない。コーナリング時の即時的なレスポンスを得ることが難しいのだ。

車重が僅かに増えているから、路面状況が完璧ではない低速コーナーでは、スパイダーの方がアンダーステアが気持ち出やすい傾向にはあるだろう。しかしスパイダーは全般的に極めて正確に、フロントタイヤの強い感触を伝えながら、安定してカーブを曲がっていく。この点はまったく変わりがない。

720Sスパイダーではルーフを閉じたまま、バットレスの間のリアガラスをエンジンルームとキャビンとの間の隔壁に下げることが可能になった。これはクーペにはできない。このガラスを開くことで、マクラーレンが渾身のチューニングを施した4.0ℓV8ターボユニットの実際を体感できる、シアターになる。

8500rpmのレッドゾーンめがけて吠え立てるエンジンに、従来以上に激しく息継ぎをするターボの吸気音。激しくブレーキングすると、カーボンファイバー製のエンジンフードに滞留していた排熱と匂いまでもがキャビンの中に流入してくる。まさに全身でエンジンに浸ることができる。

これが洗練された体験かと聞かれれば、確かに違うとは思う。しかし、ドライバーと感情面でまで強い一体感を味わわせてくれるようなクルマの場合、これはひとつのポジティブ要素だと思う。

 
最新試乗記

人気記事