画像 エンジンで失敗した素晴らしいクルマたち24選 後編

公開 : 2019.07.06 16:50

TVRサーブラウ(1999年)

常に野心を持ち続けるTVRは、自社設計のエンジンにこだわりを持っていた。同社初のエンジンはV8だったが、そこから派生したスピード・シックスと呼ばれる直列6気筒エンジンは軽量かつパワフルだった。しかしその信頼性は非常に低かったのだ。

カムシャフトやバルブガイドを損傷する事例が多かった。保証により多数のエンジンのリビルトまたは交換を迫られたTVRは、2006年に破産した。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事