画像 エンジンで失敗した素晴らしいクルマたち24選 後編

公開 : 2019.07.06 16:50

マツダRX-8(2003年)

1960年代後半から1970年代初頭にかけ、多くのメーカーがロータリーエンジンの開発に乗り出した。しかしドイツNSUの失敗を受け、そのほとんどが計画を中止した。ロータリーエンジンには固有の問題があったが、マツダはそのコンセプトにこだわり続けた。

誰もがロータリーを諦めてからしばらくたち、マツダはRX-8を発売した。見た目はよく、ハンドリングもすばらしかったが、ローターチップの弱点は克服できていなかった。多くの場合16万km以下で圧縮を失った。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事