ランドローバー・ディフェンダー・ツイステッド・パフォーマンスV8

公開 : 2013.06.26 18:00  更新 : 2017.05.29 19:17

■どんなクルマ?

ガソリン・エンジンがディフェンダーのラインナップに加えられて丁度20年。そして、ディフェンダーがデビューして50年という今年、強力なガソリン・エンジンを搭載した15台の限定モデルが生産された。今回試乗したツイステッド・パフォーマンス・バージョンがそれで、1年につき12台が生産されるモデルだ。

ツイステッドは、ランドローバーをベースに150以上のアップグレードしたモデルを年間100台程度生産するワークショップで、ディーゼルを好まない国からの受注が多いチューナーだ。ヨークシャーのサークスにあるツイステッドのヘッドクォーターで、520bhpエンジンを搭載するモデルの試乗に恵まれたが、あくまでこれはプロトタイプで、マーチャンダイズ・ディレクターのチャーリー・フォーセットによれば、まだキーキー・ガラガラという音がする状態だという。また、ハイチューンのエンジンは、アイドリングでストールする可能性もあるという。更に、最終的にはオートマティック・ギアボックスが搭載される予定だが、現時点のプロトタイプはマニュアル・ギアボックスがセットされているとも語った。

■どんな感じ?

エンジンはGM製のLSシリーズV8を搭載する。そして、現時点では5速マニュアルが組み合わせられ、4輪を駆動するが、ロー・レシオのトランスファーボックスは装備されていない。

ディファレンシャル、ドライブシャフト、プロップシャフト、ドライブフランジ、CVジョイント、ブッシュ、フューエル・タンクなどがすべて一新され、新しいスプリングとアジャスタブルなダンパー、アンチロールバー、強化されたブレーキなども専用装備だ。

インテリアは、本革製のトリムがいたるところにソビされ、特別製のレカロ・シートが奢られている。その加工は実に堅実だ。但し、今までに私が経験したディフェンダーのように豪快ではない。£140,000(2,116万円)という価格のほとんどは、メカニカルなアップグレードのためだと考えて良いだろう。

フォーセットが語っていたキーキー・ガラガラというサウンドは、どのようにリファインされていくのかは不明だ。また、その他のノイズも多い。風切り音、ロード・ノイズ、インテリアからの音などだ。しかし、これは紛いもなくディフェンダーなのだ。

可変レートのスプリングが与えられた乗り心地は、初期の入力に関しては非常にソフトで、高周波の入力には適度な固さを見せる。トーヨーの285/60プロファイルというタイヤと、標準の16インチよりも2インチ大きい18インチのタイヤにも関わらず、乗り心地の低下はない。

GMのスモールブロック・エンジンは、アフターマーケットでは長く使われているエンジンだが、そのコンパクト(とは言っても6162ccもあるが)で軽いエンジンは、実に柔軟な正確の持ち主だ。ツイステッドの顧客は、ジャガー・ランドローバー製のエンジンにはこだわりは持っていないようだ。シボレー・パフォーマンス・レンジでは480bhpのこのエンジンは、520bhpまでチューニングされている。しかし、それでも非常に洗練されているといった印象がある。

2速では112km/hまで引っ張れるし、5速は48km/hから使える。そのパワーは、ほどんどの状態でギア・チェンジなしに追い越しがかけられるもの。また、やや長いストロークを持つが、シフトのフィーリングも素晴らしい。

0-96km/h加速が6秒というパフォーマンスと、素晴らしいボディ・コントロール、適度な重さのややスローなステアリング(クイック・レシオのステアリングはオプションとなる)、そして本当に強烈なロードホールディングは、このクルマの魅力だ。

ソフトなフロント・アンチロールバーと、ハードなリア・アンチロールバーの組み合わせは、フロント・ホイールの外側に依存するコーナリングを見せ、ターンインではアンダーステアを軽く見せるが、リアがラインをトレースするので、最終的にはアンダーステアを消す方向に動いてくれる。

ディフェンダー・ツイステッド・パフォーマンスは、速く豪華で、そして非常に高価だ。と同時に、ディフェンダーとしての味わいを残したまま、高いパフォーマンスを手に入れている1台といって良いだろう。

■「買い」か?

あなたが、その構成リストをよく見て、それを自分で組み込むことを考えると、£140,000(2,116万円)という価格では済まないことが容易に想像できる。ライバルは£120,000(1,810万円)のメルセデス・ベンツG63 AMGとなるだろう。どちらのほうが優れているか、ということについて確かに議論はあるだろう。しかし、合理的な結論は出せない。ただし、このツイステッド・パフォーマンスは、ディフェンダー・ベースのモデルであるということを、ユーザーが好むか好まないかということに掛かっているのかもしれない。

(マット・プライヤー)

ランドローバー・ディフェンダー・ツイステッド・パフォーマンスV8

価格 £140,000(2,116万円)
最高速度 210km/h
0-96km/h加速 6.0秒
燃費 5.3km/ℓ
CO2排出量 NA
乾燥重量 2200kg
エンジン V型8気筒6162cc
最高出力 520bhp/6000rpm
最大トルク 67.0kg-m/4500rpm
ギアボックス 5速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事