トヨタ・グランエース日本発売へ 3列6人・4列8人乗り、サイズ/内装は? 実車を撮影

公開 : 2019.10.08 13:30  更新 : 2021.10.11 13:51

トヨタが、新型車「グランエース」を日本発売します。3列6人乗り、4列8人乗りを用意。内装、後席の様子を、実車写真でご紹介します。全長は5300mm。

グランエース サイズは?

photo: Keisuke Maeda(前田恵介)

トヨタが、新型車「グランエース(GRAN ACE)」を、2019年中に日本発売する予定であると明かした。その実車を撮影することができたので、写真をご紹介したい。

全長5300mm、全幅1970mm、全高1990mmというサイズで、ホイールベースは3210mmに達するフルサイズ・ワゴンだ(いずれも同社測定値)。

トヨタ・グランエース
トヨタ・グランエース

ディーゼル+6AT

2754ccのクリーン・ディーゼル(1GD)と6速オートマティックを組み合わせ、後輪を駆動するFRパッケージを採用。

パワートレインの後端上に前席が配置される構造を活かし、3列シート6人乗りと4列シート8人乗りを用意した。今回実車を撮影したのは前者である。

トヨタ・グランエース(3列6人乗り仕様)の3列目シート
トヨタ・グランエース(3列6人乗り仕様)の3列目シート

グランエース 内装

2列目、3列目という4つの座席は、専用の本革キャプテンシートを採用。座り心地に加えて、ロングスライド機構・オットマン機構を装備している。

フロントシート背面からサイドトリムに向かって配された木目調の加飾は、後席の乗員を包み込むように、上質な空間を作り上げている。グランエースは、リアシートの乗員のための快適な移動空間なのである。

トヨタ・グランエース(3列6人乗り仕様)の2列目シート
トヨタ・グランエース(3列6人乗り仕様)の2列目シート

アルファードに優る点も

ステアリングを握るドライバーにとって見逃せないのは車体の作り込み。アンダーボディはストレートラダー構造。アッパーボディは剛性の高い環状骨格構造を採用している。

タイヤ切れ角は45°を確保したことで、これほどのサイズでありながら最小回転半径は5.6m。アルファードのガソリン車(X以外)は5.8mである。

FRのトヨタ・グランエース、前輪の切れ角は45°
FRのトヨタ・グランエース、前輪の切れ角は45°

立体駐車場は?

静粛性については、ディーゼル/FRパッケージでありながら、アルファード同等の水準に抑えている。トルクが豊かな分、走行状況によってはグランエースが有利な場面もあるだろう。

試乗経験があるトヨタ関係者のなかには、言われるまでディーゼルだと気づかなかった方もいるとか。

4列8人乗り仕様のインテリアイメージ
4列8人乗り仕様のインテリアイメージ

また、高さ制限2000mmの立体駐車場に対応すべく車高を1990mmに留めたのもこだわりのポイント。このため、シャークフィン・タイプのDCM(Data Communication Module)はフロントガラス上端に付けている。

東京ショーのトヨタ車体ブースに

トヨタでは企業のお客様送迎といった用途を想定しているというが、大倒し機構のついたシートに身を預けると、欲しくなってしまう個人ユーザーも多いのではないか。

なお、グランエースの実車は、10月下旬に開催される東京モーターショー2019の「トヨタ車体」ブースで初公開される。

トヨタ・グランエースは、2019年内の発売を予定している
トヨタ・グランエースは、2019年内の発売を予定している

この記事に関わった人々

  • 前田惠介

    Keisuke Maeda

    1962年生まれ。はじめて買ったクルマは、ジムニーSJ30F。自動車メーカーのカタログを撮影する会社に5年間勤務。スタジオ撮影のノウハウを会得後独立。自動車関連の撮影のほか、現在、湘南で地元密着型の写真館を営業中。今の愛車はスズキ・ジムニー(JB23)

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

トヨタの人気画像

×