【愛車のナビ】どれを選ぶ? カロッツェリア・サイバーナビ/楽ナビ/ディスプレイオーディオ

公開 : 2020.01.03 13:20  更新 : 2021.03.05 21:32

ディスプレイオーディオ派に

カーナビ製品以外にも、この冬のカロッツェリア新製品を紹介しておこう。

まずは、2Dメインユニットタイプのディスプレイオーディオ「FH-6500DVD」だ。

ディスプレイオーディオは、2DINタイプ、1DINタイプを用意
ディスプレイオーディオは、2DINタイプ、1DINタイプを用意

6.8V型ワイドVGAモニターを採用し、手元のiPhone/AndroidのスマートフォンとBluetoothで接続し、楽曲のワイヤレス再生、ハンズフリー通話などが可能となっている。

また、USBデバイスやポータブルHDDに保存したフルHD動画(1980×1080)や、ハイレゾ音源のダウンサンプリング再生など幅広いフォーマットに対応している。

多彩なオプション品を利用できるのも特徴で、バックカメラ接続時にはガイド線の表示が可能だ。

実勢価格は3万円前後(税抜)となる。

また、デザインが一新されたメインユニット機も発売されている。

5機種がスマートフォンリンクに対応し、スマホの音楽再生や通話などができるようになったのがトピック。具体的には、iPhone、Androidにインストールされたカーナビ、音楽、メッセージといったアプリ、電話の受発信、音声認識などの機能をメインユニットの操作ボタンで利用できる。

2DINモデルでスマートフォンリンクに新対応した「FH-4600」もラインナップ。メインユニットは合計7モデルという顔ぶれで、実勢価格は8000〜2万1000円前後(税抜)だ。

関連テーマ

人気テーマ