7代目BMW 5シリーズ、テスト開始

公開 : 2013.08.13 12:17  更新 : 2017.06.01 02:15

7代目となるBMW 5シリーズは、2016年前半に販売が予定されているが、そのテストがドイツでスタートした。

現行モデルのボディを被せられてのテストなので、その新しいスタイルについては全くわかならないが、デザイン・ボスのカリム・ハビブ手によるものとなることは分かっている。

新しい5シリーズは、長さ4910mm、幅1875mm、高さ1470mmになるという。また、ボディ・スタイルは現行モデルと同じく、サルーン、ツーリング、グラン・ツーリスモ・リフトバックの3タイプが用意される。

シャシーは現行5シリーズのスティール・モノコック・プラットフォームをベースに手を入れられたもの。しかし、最高100kgの軽量化が図られているという。インサイダーによれば、エントリー・レベルの520iは1500kgを切ることになるとしている。

アルミニウム製のバルクヘッドが採用され、軽量な高張力鋼板の使用される割合も高くなっているとう。また、ボンネットやトランクにはカーボンファイバーの使用も考慮されているという。

エンジンは、4気筒および6気筒のガソリンおよびディーゼルがメインで、平均燃費は10%以上向上するようだ。これらエンジンは、シリンダーあたり500ccという新しい3気筒エンジンのモジュラーを共用する。なお、V8エンジンについては、まだ明らかにされていないが、トヨタとの提携によるハイブリッド・モデルは設定されることとなる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事