【競馬がテーマの特別版】ベントレー・マリナー・コンチネンタルGT・エクエストリアン 6.0L W12ガソリン

公開 : 2020.03.11 11:18

ベントレーが、マリナー・コレクションズ部門からの初のモデル、コンチネンタルGTコンバーチブル・エクエストリアン・エディションを発表しました。6.0L W12ガソリンエンジンを搭載し、価格は2000万円以上となりそうです。

もくじ

コンチネンタルGTコンバーチブル・エクエストリアン・エディション
限定モデルの詳細

コンチネンタルGTコンバーチブル・エクエストリアン・エディション

text:Will Trinkwon(ウィル・トリンクウォン)

ベントレーが、マリナーコレクションズの最初のモデルを英国で発表した。

コンチネンタルGTコンバーチブル・エクエストリアン・エディションは、販売店のベントレー・ビストロールが委託した、競馬をテーマにした特別版だ。

ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル・エクエストリアン・エディション
ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル・エクエストリアン・エディション

ベントレーは「競馬界で最も爽快で権威あるイベント」であるチェルトナムフェスティバルに、インスピレーションを得たと述べている。

ベントレーは、マリナーの3本柱として、「クラシック」「コレクションズ」「コーチビルド」を設立した。

マリナー・クラシックは、1939年製ベントレー・コーニッシュの再生と、バーキン・ブロワーの後継シリーズなどで、昨年活動をスタートさせている。

マリナー・コーチビルドは、最近発表されたばかりの150万ポンド(2億円)のバカラルが含まれ、新しいモデルは、マリナー・コレクションズに分類される。

限定モデルの詳細

エクエストリアン・エディションは、スプルースと呼ばれる特注のグリーンの塗料で仕上げられている。

通常はクロム加工が施されているベゼル、ラジエーターグリル、エグゾーストパイプは、最近追加されたベントレーのブラックライン・スペシフィケーションに沿って、光沢のあるブラックでコーティングされている。

ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル・エクエストリアン・エディション
ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル・エクエストリアン・エディション

ブラックの22インチのマリナー・ドライビング・スペシフィケーションの、ホイールを装着している。

シートには、馬とライダーがワンポイントになったサドル皮仕上げと、グリーンの皮が使用されている。

ダッシュボードの素材はクルミとボックスウッドで、ドアインレイとリアクォーターパネルには、ダイヤモンドパターンが施され、ゴールドのワンポイントが付けられている。

スペシャルエディションは、ベントレーの6.0L W12ガソリンエンジンを搭載し、0-97km/h加速は3.7秒。

価格は明らかにされていないが、コンチネンタルGTの標準モデルの開始価格、15万1800ポンド(2000万円)を大幅に上回ることが予想されている。

関連テーマ

人気テーマ