【魅惑するのはハンサムな容姿だけじゃない】マツダ3 2.0(1) 長期テスト

公開 : 2020.03.21 11:50

インテリアデザインも秀逸

個人的には、このクラスで最も美しいクルマだと思う。ボディカラーはソウルレッドではなく、マシングレー。ブラックのホイールと、バーガンディのレザー内装との組み合わせに満足している。

インテリアも、マツダ3の明確な強み。まず、手に触れるすべての部分の質感が高い。ドアの内張りやアームレストは肉厚のパッドを内包し、スイッチ類も高級な削り出しのよう。

マツダ3 2.0 180PS GTスポーツ(英国仕様)
マツダ3 2.0 180PS GTスポーツ(英国仕様)

潤いすら感じさせる素材の組み合わせは、メルセデス・ベンツ並みの雰囲気さえある。多くの人が高い評価をしていることにも納得できる。

表面的な上質感だけでなく、深みすら感じさせるのが、人間工学にもとづく完璧と呼べそうなデザイン。長期間乗っていれば些細な欠点も見えてきそうだが、1600kmほど走った段階では、まだ見つからない。

エアコンや基本的な音楽系の操作、運転支援機能などには、操作のしやすい物理ボタンが残されている点も評価できる。インフォテインメント・システム用に便利なロータリースイッチを残しているのは、最近ではマツダBMWだけ。

シンプルでわかりやすいメニュー構造と合わせて、すべての操作を簡単に行える。他の自動車メーカーの人にも読んでもらいたい。タッチスクリーンと音声操作に頼りすぎると、かえって操作はしにくくなると思う。

ほとんど不満を感じさせない

今回導入したのは、英国仕様のGTスポーツというトリムグレードで、トップグレードの1つ下。それでもヒーター内臓のレザーシートとステアリングホイール、12スピーカーのボーズ製サウンドシステム、ヘッドアップディスプレイなど装備は充実。運転席側はパワーシートでもある。

ベースグレードであっても、LEDヘッドライトと交通標識認識機能、レーダー・クルーズコントロールが付いてくる。キーレスエントリーも素晴らしい。ドアハンドルを撫でるだけで、施錠できるのだ。

マツダ3 2.0 180PS GTスポーツ(英国仕様)
マツダ3 2.0 180PS GTスポーツ(英国仕様)

今までで気になる点といえば、着座位置がスポーティさを感じるほど低くないこと。またリアのヘッドルームが狭く、大人からは不満が出ていることくらい。

とりあえず出だしは順調。このまま、良い評価が中心で長期テストを終えられるだろうか。

セカンドオピニオ

とてもハンサムなルックスの、新しいマツダ3へ試乗するのが待ちきれないほど楽しみだった。中に入れば、本物のスター級選手だとわかった。見た目が素晴らしいだけでなく、質感も良く滑らかに動く。

一方で、スカイアクティブ-Xには少しがっかり。ディーゼルエンジン並みのトルクを期待していたのだが、それほど太いものではなかったのだ。 Kris Culmer(クリス・カルマー)

テストデータ

テスト車について

モデル名:マツダ3 2.0 180PS GTスポーツ(英国仕様)
新車価格:2万6675ポンド(381万円)
テスト車の価格:2万7545ポンド(393万円)

オプション装備

マシングレー・メタリック・ペイント:670ポンド(9万5000円)
バーガンディ・レザートリム:200ポンド(2万8000円)

テストの記録

燃費:17.2km/L
故障:なし
出費:なし

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

マツダの人気画像