【超音速と呼ばれたGT】イタリアボディのジャガーXK120スーパーソニック 後編

公開 : 2020.03.21 16:50  更新 : 2020.12.08 10:55

イタリア屈指のコーチビルダーといえるカロッツェリア・ギア社。1953年、ジャガー製シャシーへ航空機からインスピレーションを受けたイタリアン・デザインを与えることで、唯一無二のXK120スーパーソニックが誕生しました。

3台が作られたジャガー・スーパーソニック

text:Mick Walsh(ミック・ウォルシュ)
photo:James Mann(ジェームズ・マン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
マルペリのジャガーXK120は、ボディの載せ替えられるだけでなく、エンジンもイタリアでチューニング。標準のSUキャブレーターに変わり、ウェーバーのトリプル・キャブレーターが搭載された。

1台目のシャシーナンバー679768は、1954年に完成。ジャガーXK120スーパーソニックはパリとロンドンで発表。主要なコンクール・デレガンスにも出展された。

ジャガーXK120スーパーソニック(1953年)
ジャガーXK120スーパーソニック(1953年)

2台目のジャガーXK120スーパーソニックのシャシーナンバーは675090。フェラーリ風の格子状フロントグリルを得るなど、細部のデザインに変更を受けている。

ボンネットには大きなバルジが付くが、ボディサイドのエアベントはない。シルバーのルーフに、メタリックブルーのボディという2トーンカラーに塗られていた。

3台目のジャガーXK120スーパーソニックも製造されたが、スイスで姿を消している。長年に渡って、ジャガー・ベースのスーパーソニックは合計4台作られてきたと考えられてきた。

ところが、フランスで自動車歴史を専門とするクリスチャン・デスコンブスは、マルペリがクルマを登録し直していることを発見する。69 BJ 75から66 BJ 75へと、数字を少し変えたナンバーを取得し直していたのだった。

マルペリの本業だったファッション・ビジネスは1950年半ばに急激に失速。彼はパリのディーラーへ代金を完納せずに、フランスを去った。1台目のジャガーXK120スーパーソニックは、1960年までフランスに残った。

1969年にジャガーがフランスへ正規ディーラーを設立すると、地元のディーラーに残っていたXK120スーパーソニックは転売。2人のオーナーを挟んで、ジャン・クロード・フェルショーが購入する。

ペブルビーチでの栄光のためにレストア

1994年時点での走行距離はわずか9400km。XK120スーパーソニックは、フランスのジャガー専門店、アトリエ・ソントロップでレストアを受ける。

ボディは再塗装されるが、内装は1953年当時のまま残された。1995年のルイ・ヴィトン・オートモビル・クラシック・コンクールでは、これまでの6台のスーパーソニックが集結し、賞を獲得している。

2015年、XK120スーパーソニックはモントレー・カーウィーク中に開かれたRMサザビーズ・オークションに出品。タイのコレクターが、210万ドル(2億2680万円)で落札する。誕生から60年後、初めてフランスの地から離れた。

XK120スーパーソニックは一見いい状態に見えたが、新しいオーナーはペブルビーチでの栄光を掴みたいと考え、ネザーランドどのストラーダ・エ・コルサに入庫する。フィアット8Vを搭載したスーパーソニックのリビルトを手掛けたことのあるガレージだ。

見た目は美しかったが、クルマは完全に分解する必要があった。地金状態まで剥がされたボディは、イタリアのカロッツェリア・クオリティ・カーズへ送られた。

ある日、タイのオーナーはXK120スーパーソニックの完成を3ヶ月早めたいと希望する。2019年5月のヴィラ・デステに間に合わせたかったのだ。レナートとジュリアーン・シューウェンブルクのチームは、クルマを仕上げるために最大限の努力をした。

ボディが仕上がると、組み立てと細部の仕上げはストラーダ・エ・コルサが担当。インテリアの状態は良かったものの、内装のトリムはすべて複製を制作。オリジナルは外し、保管することとなった。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ジャガーの人気画像

×